vieweditattachhistoryswikistopchangessearchhelp

Wiki っぽい場(あるいは 疑似脳内ネットワーク)

現在、Swiki を狙った迷惑行為が横行しているため、ユーザーネーム/パスワード要求による書き換え規制をしています。スモールトーク/スクイーク(ユーザーネーム/パスワードの順。いずれも英語綴りの小文字半角で)にて書き換えや追記は可能です。



この Wiki(Swiki)は SqueakSmalltalk で動作しています。


□■ キーワード一覧と更新状況はこちらから ■□

□■ ヘッドレスなキーワード作成はこちらで ■□

□■ 内容の記載のないキーワード一覧はこちらで ■□


この Swiki ブックは…

ここは、Wiki を別段 Wiki っぽくは使っていない本サイト(Squab Squeaker's Swiki)中であっても、ひとつくらいは皆が思う一般的な Wiki 的な使い方をする、つまり、
ようにするための場があってもよいだろうということで用意した Swiki ブックです。

本サイト内の他の Swiki ブックほど Squeak、Smalltalk などにその話題を限ることはしていませんが、サイトやその運営者の性格上、取り扱う話題や論調がそれ寄り、あるいは(Smalltalk のマイナー性、それに伴われて、Smalltalk をより多くの人に知ってもらいたいという欲求から来る)贔屓、ときには排他性をも帯びる主張が含まれる可能性(危険性)があることは、あらかじめご了承ください。特に、GUI パソコンの元祖と言われる Mac のフリーク、Ruby や Objective-C + Cocoa で真のオブジェクト指向に目覚めて、すっかりファンになった方には(それらの特徴とされるものの成り立ちへの理解が不十分だと←万事、こんな調子です(^_^;))不愉快になることが多く書かれているかもしれませんので、ご注意ください。

また逆に Squeak や Smalltalk の初学者でここを訪れ参考にされるかたは、すでに存在するトピックスについて、必ずしも Squeak あるいは Smalltalk に当てはまることが書かれているわけではない(たとえば端的には、Smalltalk 以外の言語処理系での用語や常識が何の断りもなく列挙されているページもある)ことにご留意ください。

また、本 Swiki ブックのサブタイトルにもあるように、当初、脳内ネットワークを模した言葉遊び(リンク機構を用いたある種の連想ゲーム)の過程で増産されたページもあるため、特に古いページには、必ずしもタイトルに相応しいコンテンツが含まれているわけではないことも、あわせてご了承ください。

もちろん Wiki ですので、読んでいて気になる話題、あるいは最近マイブームのこと、学習メモ代わりに気軽にページを作り、あるいはすでにあるページにリンクをし、書き込み、書き足し(必要なら書き換え)を行なっていただいてかまいません。ただ、過去の経験にもとづく若干のルールを設けさせていただいておりますので、以下に目を通していただき、納得のうえご利用いただければさいわいです。

書き込み、書き換え時に守っていただきたいローカルルールについて

基本的に、すでに存在するページの書式に倣って、それなりの統一感を保っていただければよいと思うのですが、あえて他の Wiki と少々(人によっては、かなり)使い勝手を異にする“お願い”があるとすると、次の2点(長々とした2点だこと…(^_^;))になります。
  1. 書き込みには原則として「--シグネチャ」(いわゆる署名)を付して、どなたの主張なのかを明示的にしてください。
  2. 他人の書き込みを受けた書き込みは、通常 Wiki でやられているような字下げを使わず、直前の文章を受けるなら空行を挟んで直後に、一部を受けるなら掲示板やメールでするように「>」で対象となる文言を簡潔に引用しその直後に続けてください。

繰り返しになりますが、要は、
  1. 主張性があるもの、そう受け取られる可能性のあるものにはシグネチャ表記を心がけてください。
  2. ツッコミには、従来の「>」による引用を用い、Wiki で慣習とされる字下げは使わないでください。
の二点だけです。これらのルールは将来、よりよい方法が見つかれば、変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。
--WikiKeeper(こと sumim )

ご意見などございましたら、こちらに…


これは、記入欄設置方法の例、あるいはその記入結果例にもなっています。
この記入に先立つ HR タグは「+」 に続く「_」オプションに従い自動的に挿入されたものです。
この記入を囲む FONT COLOR= タグは、「+」に続く「%」オプションの指定と、シグネチャ入力の際「--sumim%maroon」(実際には省略して「--sumim%m」)とした結果、自動的に挿入されたものです。--sumim


ただ、色を使うときは
ウェブカラー設定によってどのように書き込みが見えるのかを実験したり試したいときは、こちらのページなどを使ってください。--sumim




以前のフロントページはこちら

このページを編集 (9007 bytes)

This page has been visited 61117 times.